超元祖ヨシヲ公式ブログ改β 〜マラビンタの夜明け〜

TESTACH のシクロフレームで組んだロードバイクに乗ってます。メンテナンスとかサイクリング日記とか。
PICマイコンを使った電子工作ネタ、電動ラジコンヘリ、Windowsアプリケーション開発とか気が向いたら何でも乗せる見境なしblog。旧ブログタイトルは ヨシヲたんの日記 。

高見石小屋

I島さんから山のお誘いです。

「来月八ヶ岳2時間 歩いて山小屋に入ります アイゼンいらない」

最初こんなお誘いだったんですねえ…。
大嘘でしたねえ…。

紅葉を見に行こうって話でしたが、なんか雪積もってるらしいしアイゼンも持って来いよ?みたいな話にもなり…

IMG_2343

スタート地点の渋の湯に着きました!!!
既に雪が!!

今回は雪装備ということで…。
フリースの上にソフトシェルジャケットを着てさらにゴアテックスジャケット。
下は雪が入らないようにスパッツ装備。

IMG_2345

入り口です!行きましょう!!

で、山に入ってすぐこりゃアイゼンないと無理ってことになり装着。

IMG_2346

ザクザク歩ける!

IMG_2347

アイゼン付けてれば普通に歩けるしちゃんと着るもの着てるので寒くもない。
雪山とか余裕ですね!!!(この時点では)

IMG_2351

ずんずん歩け

IMG_2352

だんだん岩が増えてきます。
それでもホイホイ歩いていたら…

\ズボオオオオオオオオ!!/

Σ(゚Д゚;エーッ!

右足がほぼ全部雪に埋まってしまいました…。
I島さんに引っ張ってもらって脱出。

IMG_2353

岩と岩の間に雪が積もってて、上からみたら雪の地面にしか見えないけど下は空洞ってことが結構あるんですね。
そういうところ踏んじゃうとズボーになるので、踏んだ跡があるところだけ踏んだ方が無難。または岩の上を歩く。
踏み跡を踏んだつもりでも、わずかに体重が外に掛かってるだけでズボーしたりします…。
アイゼンで踏んだ特徴的な跡を後追いで踏みながら歩きます。

IMG_2354

木にも雪が積もってきてる。

IMG_2356

賽の河原に出ました。
ここ、下は岩場なので踏み抜きズボーしないように気を付けます。
あと木が生えてないので風がすごい。さすがにちょっとさむい。

IMG_2357

岩の表面に樹氷みたいなのが出来てます。

IMG_2361

ガスってきたしやべえええ風がつよいさむいああああああああああ

IMG_2363

凍ってて見えないけど、左に行くと高見石小屋です!

IMG_2364

賽の河原を抜けたら森に入るので風もないし地面は平らだしで楽々でした。



IMG_2367

高見石小屋に到着です!!!!!!!

IMG_2368

入り口にリースが!

なんか明日(12月13日)にクリスマスパーティーやるそうで。
小屋の中もちょっと飾り付けとかされてました。
パーティーにはなんと60人も来るらしいですよ!!
我々とは入れ違いになっちゃいますけどねー…。

外でアイゼン外して、中に入ってスパッツはずして、合羽のチャック開けてズボンまくって靴紐ほどいて靴脱いで…
とめんどくさすぎでしたが、荷物を部屋に運んでやっと落ち着ける恰好になりました。いや疲れた。

確かこの時点で15時半くらいだったかな。
晩御飯が17時半からなので2時間ほど空きがあります。

コーヒー飲んでお菓子たべてまったり。

IMG_2371

2階が寝室で布団がダーっと並んでます。
掛け布団は羽毛布団だそうですよ。

コタツもあったので、入って横になってたらいつしか眠りに…

晩御飯ということで17時半に起きました。

IMG_2374

ばんごはんー!
あったかい豆腐がやたら美味しかった。寒いので暖かいものは大歓迎ですね。

IMG_2375

食後は電気を消してランプの明かりでまったりタイム。
我々のほかには二人組が二組で合計4名来てました。

まあ色々ありましたね?

IMG_2381

で、時間も時間なので就寝。

羽毛布団めちゃくちゃあったかかったです。
夜中に一度目が覚めたら顔が冷たい。
布団から出てるだけで顔面が冷え冷え。
布団かぶって寝なおしました。

翌朝!!!

IMG_2385

ガスってるぜ!!!

IMG_2382

外気温-10.5℃!!

今日はここから中山→中山峠→黒百合ヒュッテで昼飯→下山 の予定です!
が、山小屋の人の話によると中山方面はトレース(足跡)がないし頂上の方は吹き溜まりになってて雪が深いかもとの事。
まあ行くだけいってみましょう。
今日は昨日より厳しそうなので、アンダーウェア→シャツ→ダウン→フリース→ジャケットに変更。

IMG_2386

足跡がない。

IMG_2388

I島さん先頭で足跡を付けてもらいながら歩く。

IMG_2389

登りもどこに足つけば踏ん張れるのかよくわからんところを適当に踏み固めてそこを踏んで上がる。

IMG_2390

GARMIN fenixちゃんもちゃんと動いてますよ!
Routeを作っておくのもいいけど、Waypointを選びながら使うのもいい感じ。

I島さんが「先頭歩いてみる?」っていうので代わってもらってみました。

IMG_2391

足跡まったくなし。
木がなくて雪がなんとなくへこんでる所が道なのでそこを進みます。
あと木に目印のリボンがあったりしますね。

踏むと膝ぐらいまで埋まるので、結構大変。

右足を雪から抜いてももが直角になるくらいまで上げる(雪から足を出す)
右足を前に出して踏む
右腕のストックを雪から抜く
右前方にストックを刺す
左足を雪から抜く
左足を前に出して踏む
左腕のストックを雪から抜く
左前方にストックを刺す

という感じで前に進みます。
一歩一歩が太もも直角上げなのでめっちゃたいへん。
後ろを歩く分には既に踏まれてるのでもっと楽です。

IMG_2392

歩いた跡はこんな感じ。(雪が見やすいようにコントラスト強めで現像)
二つ並んで開いてる穴はアイゼンの前爪ですね。

しばらく頑張ったけど、また先頭を交替してもらいました。

さて疲れたので水でも飲むか…

IMG_2393

凍ってるやんけ!

凍ってない部分も少しあったのでちょっとは飲めました。
あと腹減ったのでエナジーバー的なものを食べましたがこれも凍っててめっちゃ硬い。
気合いで咀嚼しました。

で、もう少しで中山山頂だ!というところで急に木がなくなって開けたところに出ました。

IMG_2395

I島さんが埋まってますが。
もうとにかく、どっち行ったらいいのか分からん。

fenixちゃんのコンパスによれば左前方なんだけど…。

この場所、開けてるかと思いきや、実は木の上に雪が積もってるみたいなんですね。
なので雪がやわらかい所を踏み抜くと下に木が生えてる。
あっちにいってみよう!→ズボー
やばい戻ろう!→ズボー
といった有様でまともに進めない。
しかも周りに木がないので風がモロに当たって冷たいというか痛い。
顔面を保護する装備を持ってこなかったのが悔やまれる。
ていうか手袋してるけど手もだんだん痛くなってきたし、もうこれはたまらんということで森の中に引き返して作戦会議。

で、この時点で高見石小屋から直線距離で1.39Km、中山山頂まで110m、黒百合ヒュッテまで直線距離で550mの所まで来ていて、進むべき方角もGPSとコンパスで分かる状態だったのですが、進むのは危険ということで引き返す事にしました。
あの落とし穴だらけで道がどこだかも分からんようなのは進めないと思うので、まあ仕方ないですね…。

がんばって踏み固めてきた道を逆戻りします。
基本下り基調で、しかも踏んだ跡があるので余裕。

来るのには3時間10分掛かったようですが、帰りは1時間半でした。

高見石小屋に再度お邪魔して昼ご飯です。

IMG_2398

ラーメンウマイ!!!!!!

厨房では今夜のクリスマスパーティに備えてケーキをめっちゃ作ってました。
ホールで5個くらいあったような…。

ごはんたべてまったりしてたら下から登って来た人が続々ご来店してきた。
そういえば今日のパーティーには60人集まるんでしたっけか。
顔合わせないだろうと思ってたけど合わせることになってしまいましたね!

装備整えて再出発。

賽の河原へ着くまでにものすごい数の人たちとすれ違いました…。
この人たち全部あのケーキ食うのか…。

IMG_2401

賽の河原再び。

で、来るときは気づかなかったけど、風向きが下から上へ向かってなんですね。
要するになにが言いたいって、帰りは風が顔面に直撃。むっちゃいたい。

がんばって降りました。

I島さんが途中雪を踏み抜いて鮮やかにコケてましたがそのまま鮮やかに立て直して先に進んでた。

あとはふつうに帰りました!(手抜き)
I島さん今回も色々ありがとうございました。

歩行ログ:

むっちゃ寒かったし死にそうだったのでしばらくは遠慮したい…。しばらくは。
あとちなみにザックに入れてた水も凍ってたんですが、自宅についてもまだ氷が少し残ってました…。

不忍池でカモメ撮ってきた2014

毎年恒例不忍池でカモメ写真イェーーーイ

とりあえず上野へ。

IMG_8025

紅葉だあああああああああ

続きを読む

スポーク長計算機作った

いままでCADを使ってスポーク長を計算していましたが、前回のような32Hのハブに16Hのリムとかの特殊なパターンは一筋縄ではいかなくて…。
ハブとリムが画面に表示されてて、スポークをむにょーんって張るとスポークが勝手に適切な位置に収まって、その長さが分かるようなツールがあったらいいんじゃね?

と思えて来てたので頑張って作りました。

spocalc9

ブラウザ上で動くものにしたかったので、HTML5のCanvasとjQuery、JavaScriptを良く分からないながらも調べながらゴリゴリ書いて、やっとそれっぽくなりました。(特にCanvasは初挑戦)
ただしCanvasの描画がChrome以外ではむちゃくちゃ遅いのでChrome以外では使えないと思った方が良いです。

スポーク長計算機へのアクセスはこちら。

計算機と名は付いてますが、なんというか、直接長さの計算はしてません。
ゴム紐みたいなスポークが縮もうとしている場合にハブとリムがどう動くかを計算しているので、スポーク長の計算をしているのかと言われると微妙ではあります。
しかし、ハブとリムの穴数が違ったりするイレギュラーな構成にも対応できるのは強みかと思います。

触ればわかる気もしますが使い方を以下に記します。

まずハブの設定とリムの設定を開いてハブとリムを選んでください。
選択肢にないハブやリムを使う場合は、プリセットを選んでからパラメータを手で入れてください。
「穴角度」は、リムやハブに開いている穴の角度をカンマ区切りで複数入れます。選択肢にあるハブやリムを参考にしてください。
これをうまく使えば変則的な形をしたハブやG3専用リムにも対応できると思います。
以前中華カーボンホイールを組む時に使ったNOVATEC の変態ハブをプリセットに入れておきましたのでご参考に。

「プリセット」を選ぶと、その下のパラメーターがプリセットにしたがって入ります。
さらに、下の「ハブを変更」「リムを変更」ボタンを押すと、入力欄に入っているパラメーターが画面のリムとハブに反映されます。

なので、プリセットでハブを選んで一部パラメータだけ修正して図面に反映とかもできます。

ハブとリムを設定したら、あとはスポークを置いていきます。

穴が2色に色分けされていますが、赤い方がDS(フリー側)、青い方がNDS(反フリー側)です。
リアハブのスポーク実長の計算に影響しますので注意してください。
非ディスクブレーキの前ハブであれば気にしなくてもいいと思います。

ハブの穴をクリックしてから、リムの穴をクリックしてつなげます。
逆の順序(リム→ハブ)でも構いません。

細かくて見にくい場合はマウスホイールを回すと拡大・縮小ができます。
穴以外の部分をドラッグするとホイールを移動させることができます。

既に置いてしまったスポークを修正したい場合は、穴をクリックするとそこの穴からスポークを外してほかの穴に入れられます。
スポークが片方しか穴に入っていない(片方が浮いている)状態で、穴以外の場所をクリックすると、そのスポークを削除できます。

非ラジアル組を行う場合はスポークを引っ張っているときにホイールが回ってしまってやりにくいので、この場合は「操作の設定」を開いて「リムとハブの回転をロックする」にチェックを入れると一時的に回らなくなりますので活用してください。
ただし、スポークが自動で適切な長さに収まる動きをしなくなるので、たまにはチェックを外してやってください。

フランジ径の大きいハブではフリー側のスポークが見えにくい場合がありますので、この場合は操作の設定の「ハブの半透明表示」を使ってください。

プリセットに入っているNOVATECのハブのように、平面図ではフリー側と反フリー側の穴が同じ位置にある場合がありますが、この場合は操作の設定から不要な側の穴の表示をオフにしてスポークの設置を行ってください。

・・・。

これを使って先日と同じくHB-5800とXR300で16H1クロス組をしてみましたが…

spocalc10

やはり、276mmを中心に長いものと短いものが2種類存在しました。

使う人いなさそうな気もしますが使ってみてなにかご意見あればこの記事のコメントにでも頂ければと思いますー
このblogについて
このblogは、私のホームページ内の日記コンテンツ…でしたが、もう何年もこっちがメインです。
ホームページはこちら。
http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/
2ちゃん系掲示板に書き込むときのトリップは ◆GBrDo4K0i. を使用しています。
GoogleAds
最新コメント
livedoor プロフィール
ついったー
リンク
すなけ日記
なんて言ったらいいかよく分からないお友達、すなけさんのblog(ぉ
自転車メンテとかマニアドリンクとかトラベラーズノートとか。
hazimelog
湘南のガチムチおにぎり、はじめちゃんのblog。SCOTT FOIL Team Issueとか買っちゃってとどまる事を知らない。
不器用工房
自転車で通勤しているアニメ大好きなギタリスト、S木さんのHP。
ニコ動
オンライン
Steam

XBOX gamers card


PlayStation Network

Get your Portable ID!
  • ライブドアブログ