超元祖ヨシヲ公式ブログ改β 〜マラビンタの夜明け〜

TESTACH のシクロフレームで組んだロードバイクに乗ってます。メンテナンスとかサイクリング日記とか。
PICマイコンを使った電子工作ネタ、電動ラジコンヘリ、Windowsアプリケーション開発とか気が向いたら何でも乗せる見境なしblog。旧ブログタイトルは ヨシヲたんの日記 。

ガーラ湯沢スキー行ってきた2015

スキー板買って蔵王行って滑って来ましたが、その後もスキー行きたい欲が…。
土日あればいけるんじゃね!?と思って色々調べたけどそんな突発旅行でしかも一人だと宿が空いておらず…。

そんな中見つけちゃったのがガーラ湯沢です。
そりゃまあ名前くらいは知ってましたが公式サイト見ると

・東京からガーラ湯沢までは新幹線で1時間半かからない
・新幹線のガーラ湯沢駅とスキー施設が一体化しており、そこからゴンドラ乗って降りたらゲレンデ
・ガーラ湯沢内に温泉あって入れる

なんだとマジか!
車もってない自分からしたらすげえ助かります!!
もちろんスキーレンタルもあるし貸ロッカーもあるので適当に始発で新幹線乗ってガーラ湯沢まで行ってそのまま午前中から滑るとかもできる!
夜は風呂入ってサッパリしてそのまま新幹線で東京まで!!日帰り電車スキー!!マジか!!!

というわけで衝動的に指定席券を予約してしまいました!!
が、乗換案内調べたら朝5時に地元駅の始発に乗って、乗り換えミスしたら即死するというハードスケジュールでした!しかも新幹線の切符はえきねっと予約だから受け取りの処理も必要!!

これはスキーに向けて早く寝て朝はしっかり起きなければ!!!

・・・・

という状態だったのですが寝坊しました(死)
起きた時点で4時40分。バスないのでスキーを背負って20分で駅まで(約2.5Km)走れば…
いやむりでしょ。

しかし行かないという選択肢は無かったのでとりあえず行く。
予約した券は乗車6分前までならキャンセルが効いたのでキャンセルしたけど処理失敗とか出た。どうなったんだ…。

東京駅に着いてみどりの窓口行ってみたけど指定席は無いので自由席で切符買って新幹線に乗りましたが…
席空いてないっすね…。
空席を探して歩いたけど結局はデッキで立ったまま行くことに。
ちなみにデッキは満員で明らかにスキー・スノボしに行く人がぎゅう詰め状態でデッキに立ってました…。
こりゃガーラ湯沢着いたら速攻でロッカー確保しないと荷物置けずに何もできなくなるな?

で、やっとガーラ湯沢駅に到着。
マジで改札出たら目の前がリフト券売り場w

で、まずロッカー室行って、鍵のついてるロッカーはどこだ!!!
と探しましたが、鍵が刺さってるロッカーなんか一つもない。
なんだこれ終わったか!!

と思ったら暗証番号式なんですね。券売機に1000円ぶちこむと自動で空いてるロッカーが割り当てられる仕組みでした。よかったよかった。
いくつロッカーあるのか知りませんが自分の割り当てられたロッカーは3655番でした。
男女別なので少なくとも7000個以上はあるってことですねー…。たぶん。

ロッカーに荷物をぶちこんでリフト券を買いに。
リフト券ですが、1日券なら500円増し(5,100円)で「三山共通一日券」にできます。
これは何かっつうとガーラ湯沢の両隣にある湯沢高原スキー場と石打丸山スキー場のリフトにも乗れちゃうというお得チケット。
ゲレンデマップ見た限りだとガーラ湯沢だけだと広くない気がしたので三山共通にしました。

で、朝飯。
起きてすぐ家を出てスキー背負って20分歩いて、途中売店もなく新幹線も車内販売なしだったのでご飯を食べるタイミングがなかったのです。
というわけでガーラ湯沢のスキーセンターカワバンガ内の食堂で飯。

・・・・。

で、飯食ってるうちに改札の方から人が出てくる出てくる。
自分が着いた時にはそれほど人いなかったんだけど、飯を食い終わる頃には板レンタルの列も結構な感じに。
これは早めに行動せんとまずい、ということで装備を整えてゴンドラに向かいましたが…
既にゴンドラに乗る列が半端ない長さに。
http://www.galaresort.jp/winter/institution.html
ここに構内マップがありますがゴンドラステーションから続いて列が階段のところまで来てました。

並ぶしかないので並ぶ。
20分くらいでゴンドラ乗れたかな。

で、ゲレンデです!

IMG_2438

人多いな!!!

リフトに乗る列が既にリフト乗り場の建物から出てる。
こんなん蔵王では見たことないぞ!

とりあえず今日のプランは三山制覇なので
ガーラ上から下まで→湯沢高原に移動して上から下まで→ガーラ経由で石打丸山に移動して上から下まで→ガーラに帰って来て下山コースで帰る
が予定です!

で、ガーラで滑り始めましたが。
天気良かったこともあって景色は最高でしたが雪がちょっと重い。
蔵王は砂みたいでしたが、こっちはなんか生クリームの上を滑ってるような感じ。
重たいのでちょっとパワーを要する。

あとは人が多すぎ。
リフトも基本的には並ばないと乗れない。

さらに子連れや初心者が多いためか、しょっちゅうリフトが止まる。完全停止して発車ベルなった後に動き出すのが上に着くまでに2回とか3回というのもあったような…。
蔵王では一瞬速度下げてそのまま動き出すのがたまにある程度だったぞー。

で、ガーラはもういいから湯沢高原いってみようって事にしましたが、ゲレンデマップをパッと見ると山頂から非圧雪コースを走らないと湯沢高原に行けないように見える。
参考:ガーラ湯沢ゲレンデマップPDF
よく見ればエーデルワイスコースからバットマンコースに移れるのが分かるっちゃ分かるんですけど。
分からんかったので非圧雪の260万ダラーに行きましたが…。

無理。死んだ 0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_

気を取り直してゴンドラ乗って湯沢高原へ。
こっちはなんというかまったり目で人もそれほど多くなくて平和でしたねー…。
山頂からの眺めは良いし、パノラマコースはゆるい傾斜で景色みながらダラダラ滑れる感じ。
場所によってはけっこうな傾斜のコースもあるのでなかなか楽しめました。

IMG_2441
眺めは最高

と、ここで昼になったので飯でも食うかということで。
たまたま通りかかった展望レストラン「エーデルワイス」へ。

43]
写真撮ってなかったので動画から切り出し

中に入って食券を買おうかなー・・・
と思いましたが列が出来てて、並んでも全然進まない。マジか。
並んでても埒が開かなそうだったんで諦めて外に出ようとしたら自動販売機と無料休憩所が1Fにあるではないですか。しかも休憩所ほとんど人いない。
ここで何かに備えて持って来てたエナジーバーと自販機の飲料で腹を満たして休憩。
よかったよかった。

その後またゴンドラに乗って今度は石打丸山に移動しようと思ったのですが…
ゴンドラに乗ってガーラ湯沢に移動してきたら、降りてすぐのリフト(ワゴネット)乗り場に既に列が。
初級者用コースがない南エリアでもこの行列かよ・・と思いつつ、中央のリフトに乗るために一番下まで下ったら…あり得ないほどの人混みが…。

30]

またGoPro動画からの切り出しですが。
あの建物の前にある色とりどりのウェアが全部人。あほか。
リフトに乗るために並びましたが、列が微妙に坂になってるのでスキー勢はずり落ちないために必死。
スノボは片足はずしてるからまだ楽ですよねー…。
しかも列に並んでるときに後ろの人とかの板が自分の板にカツカツ当たる。やめて。新品なのに。

やっとの思いでリフトに乗り、北エリアを経由して石打丸山ゲレンデへ。
ていうか三山共通券買ってなかったら、あのリフトにひたすら並ぶしかなかったのかと思うとゾッとする。

IMG_2443

眺め最高!!
石打はコースも豊富でマニアが好きそうな感じですね。
スキー勢が少なくて、スノボが半分くらいだったような気がする。あとファンスキーが多い。
ガーラ湯沢の上級者コースは実質中級者コースくらいだった気がしますが、こっちはガチで上級者だと思います…。

ここ来た時点で結構滑っててヘロヘロだったのもあって、ぬるいコースをダラダラ滑るだけになってました。
山頂ゲレンデも試しに滑ったけどかなり辛かったよ… 0(:3 )〜    _('、3」 ∠ )_

混み具合は…。まあ混んでるけど。リフトも5分くらい並んでれば乗れる感じ?(なげぇ)
おひとり様優先レーンとかあるので、ぼっちスキーの私はガンガン利用しましたよ!

この辺で今回の動画を貼っておきますね。



で、石打でけっこう滑って、もう疲れたし戻るか。と思ってゲレンデマップを確認。
ガーラの北エリアの、シャリオというリフト乗れば下山コースに行けるようです。

というわけで…。
そのリフトに乗りに行ったら…。

黒山の人だかり。

みんな同じ事考えてるのか、大量の人が押しかけていてもはや列になっていない。
しかも、ここのリフトが何を血迷ったかペアリフトで二人ずつしか乗れない。

もう耐えるしかなかった。
我慢我慢…。

やっとの思いでリフト乗ったらあとは下山コースを滑っていけばガーラ湯沢駅まで行けます。楽勝。

で、これで終わりではなかった。

まず、来る前には行こうと思ってたガーラ湯沢内の温泉。
どうせまた行列だろと思ったらやっぱりその通りだったので、諦めました。

次におみやげ屋さん。
やっぱりレジには行列でした。

そして帰りの電車。
ダメ元で聞いてみたら幸い上野止まりの新幹線だったら指定席が3席空いてるとの事。
速攻で予約した。
私としては上野止まりだろうが東京止まりだろうが京浜東北線に乗って帰るから大して変わらんので。
だけど改札は電車が来る前から行列が出来てまして、朝はゴンドラ乗り場から伸びてた列が今度は改札から列が伸びてゴンドラ乗り場入り口まで行っている。なんだかなあ。
ガーラ湯沢は始発なので、自由席でも一番に電車に飛び込めば座れるようです。でも確実に座って帰る事を選びたかったので私は指定席です…。

あとは平和に、座って家まで帰って来ました…。お疲れ様でした。

・・・。

それでね!!!?
家に帰って来てスキー板見たらさあ!!?!

IMG_2444

ズタボロにされてる\(^o^)/

並んでる時でも自分で見える前の部分はそれほど傷なかったんですが後ろがこんなにやられていたとは。
というか前もよく見たら滑走面にけっこうな傷が入ってまして・・・。
石打で滑ってる時にエッジ掛けようとしても板のテール側が張り付いたようになって動きにくかったのも、もしかしてこのせい?
エッジを指で触ってみたら一部荒れてるし?

あぁー…勘弁してくださいよ…。

というわけで。
ガーラ湯沢は二度と行かない。
設備は充実してるし、ゲレンデも悪くないし、交通の便も最高なんだけど、とにかく人が多すぎる。
本当に人が多すぎる。
あれで空いてたら神レベルだし隔週で通うと思うけど、人が多すぎるから無理。

以上でした…。
毎年連れてってもらってる蔵王がどんだけ幸せなのか実感させられましたよ…。
ゲレンデむっちゃ広いし雪質いいし混んでないし宿にもどれば乾燥室あるし風呂にも入れるし。
いいなぁ。

あ。GARMINちゃんのデータ貼っとかないと。




一泊二日でまともなスキー行きたい。

蔵王スキーいってきた2015

昨年に引き続きスキー連れてって頂きましたー。

・・・。

のですが!!
それ以前に、I島さんから

「スキーこんだけ行ってんだから板買っちゃえよ」

と言われまして、スキー屋さん行ってきました。
レーシングスキー専門店 カンダハー 町田店です!!

ほんでお店行きまして
「ちょっとちゃんとしたスキー板買ってみたいんですけど。うへへ」
って言ったところ

「あなた足が偏平足すぎてうちで扱ってるようなちゃんとしたレース用のは履けませんね!」

って言われました!!!!
な、なんだってー(笑)

試しにI島さんに勧められてたRANGEのブーツ履いてみたら小指の外側とか、くるぶしのところが当たって痛くて履けたもんじゃないというか履いて立ってもインソールにかかとが届かない。なんじゃこりゃ。

とはいえ、足の形を矯正するインソール入れたり靴の形を矯正したりすればなんとか履けるように仕上げる事は出来るとの事で、そのようにして頂く事にしました!!!

並行して、BIRKENSTOCKのインソールを日常的に履くようにしたりとかして、偏平足直りますように…。と。

ほんで数週間してカスタムされたブーツが仕上がってきたのですが、これがもう履いたらビッチビチのバッチバチ。
靴は普段26.5を履いてるんですが、あなたの足なら25.5でちょうどいいって言われて買って履いたら隙間なしのビチビチ。
それでいて当たって痛い所とかもなし!!!やったぜ!!!

ついでに板も買っちゃったぜひゃっほう!

というわけで

P1260145

蔵王にきたよ!!!

書き忘れたけど板は HEAD Integrale 007 (2014)、ブーツは LANGE RX100 TR (2015) で合わせて10万しないくらいでした。

ちなみに板にワックス塗られた状態で渡されたんですが、スクレーパーで剥がした方がいいんです?って聞いたら
「剥がした方がいいけどそのまま走ってても勝手に剥がれますよー」
て言われたので、じゃあそのままでいいかって思ってたんですが同僚のチャーリーさん(スノボ人)に見せたら

「これは剥がさないとマズイ」

との事だったので宿についてからスクレーパーとブラシ掛けしました…。汗だく。

そういや1日目にジンギスカン食ったけど写真がなかったわ。省略w

すべりましょう!!

P1250138

1日目は天気割といいです!

で滑ってみた感想は…
とりあえず、むっちゃ滑る。あとエッジめっちゃ効く。
あとはブーツビチバチなのでダイレクト感があるような気がするw
滑りがほんとやばいのでほっとくとスピードが出まくって怖い。滑走中にこける事はなかったですが。

そしてスキーウェア。
いままでは普通にスキー屋でスキー用として売ってるウェアを持って行ってたんですが、前回雪山登山して山用ウェアで滑れば荷物減らせるんじゃね?と思って聞いてみたら、やっぱりI島さんは山用ウェアで滑ってるとの事だったので両方持って来てみました。

だって…

IMG_2435

こんだけ荷物の大きさ変わるんですよ…?

で1日目、山ウェアで滑ってみてまったく問題なかったので今回スキーウェアは使わずそのまま持って帰ってきましたw

P1250142

P1260151

P1260157

P1260160

P1270161

P1270163

まあそんな感じで。滑りまくった2日半でした。
I島さんの指導でスネに体重載せるのを意識するようにしたら太ももパンパンになりにくくなったし安定度も増したので良かった。もっと練習したいところです。

とりあえずGoProで撮った動画(長すぎ)をまとめたので貼っときます。



で、帰りはまっすぐ帰らず牡蠣食べて帰ろうという話になりまして。

松島のほうの「かきの里」というところで1500円という激安で牡蠣がやたらたくさん食えるとの事でそちらへ。

IMG_2412

きたぜ!!!

IMG_2413

Aセットは牡蠣だけ15個!(そんなにいらねぇw)
Bセットは牡蠣10個にホタテ2個(これいいな)
Cセットは牡蠣10個にホタテ1個にアナゴ1個(これだ!!!!)

というわけでCセットと牡蠣ごはんにしました。

IMG_2416

ごはんうめえええええええええ

IMG_2418

牡蠣だあああああああああああああ

IMG_2421

ウウッヒョアアアァァァァァ

IMG_2426

IMG_2425

ごちそうさまでした。

いやー網で焼いてる時に殻が爆発したりしてスリリングでしたがおいしかったですね?

帰って来た翌々日から体調を崩して今日まで下痢ですが、関連は無いと思います!!!!
良く焼いて食べようね!!!!!

来年もよろしくお願いしますm(__)m

高見石小屋

I島さんから山のお誘いです。

「来月八ヶ岳2時間 歩いて山小屋に入ります アイゼンいらない」

最初こんなお誘いだったんですねえ…。
大嘘でしたねえ…。

紅葉を見に行こうって話でしたが、なんか雪積もってるらしいしアイゼンも持って来いよ?みたいな話にもなり…

IMG_2343

スタート地点の渋の湯に着きました!!!
既に雪が!!

今回は雪装備ということで…。
フリースの上にソフトシェルジャケットを着てさらにゴアテックスジャケット。
下は雪が入らないようにスパッツ装備。

IMG_2345

入り口です!行きましょう!!

で、山に入ってすぐこりゃアイゼンないと無理ってことになり装着。

IMG_2346

ザクザク歩ける!

IMG_2347

アイゼン付けてれば普通に歩けるしちゃんと着るもの着てるので寒くもない。
雪山とか余裕ですね!!!(この時点では)

IMG_2351

ずんずん歩け

IMG_2352

だんだん岩が増えてきます。
それでもホイホイ歩いていたら…

\ズボオオオオオオオオ!!/

Σ(゚Д゚;エーッ!

右足がほぼ全部雪に埋まってしまいました…。
I島さんに引っ張ってもらって脱出。

IMG_2353

岩と岩の間に雪が積もってて、上からみたら雪の地面にしか見えないけど下は空洞ってことが結構あるんですね。
そういうところ踏んじゃうとズボーになるので、踏んだ跡があるところだけ踏んだ方が無難。または岩の上を歩く。
踏み跡を踏んだつもりでも、わずかに体重が外に掛かってるだけでズボーしたりします…。
アイゼンで踏んだ特徴的な跡を後追いで踏みながら歩きます。

IMG_2354

木にも雪が積もってきてる。

IMG_2356

賽の河原に出ました。
ここ、下は岩場なので踏み抜きズボーしないように気を付けます。
あと木が生えてないので風がすごい。さすがにちょっとさむい。

IMG_2357

岩の表面に樹氷みたいなのが出来てます。

IMG_2361

ガスってきたしやべえええ風がつよいさむいああああああああああ

IMG_2363

凍ってて見えないけど、左に行くと高見石小屋です!

IMG_2364

賽の河原を抜けたら森に入るので風もないし地面は平らだしで楽々でした。



IMG_2367

高見石小屋に到着です!!!!!!!

IMG_2368

入り口にリースが!

なんか明日(12月13日)にクリスマスパーティーやるそうで。
小屋の中もちょっと飾り付けとかされてました。
パーティーにはなんと60人も来るらしいですよ!!
我々とは入れ違いになっちゃいますけどねー…。

外でアイゼン外して、中に入ってスパッツはずして、合羽のチャック開けてズボンまくって靴紐ほどいて靴脱いで…
とめんどくさすぎでしたが、荷物を部屋に運んでやっと落ち着ける恰好になりました。いや疲れた。

確かこの時点で15時半くらいだったかな。
晩御飯が17時半からなので2時間ほど空きがあります。

コーヒー飲んでお菓子たべてまったり。

IMG_2371

2階が寝室で布団がダーっと並んでます。
掛け布団は羽毛布団だそうですよ。

コタツもあったので、入って横になってたらいつしか眠りに…

晩御飯ということで17時半に起きました。

IMG_2374

ばんごはんー!
あったかい豆腐がやたら美味しかった。寒いので暖かいものは大歓迎ですね。

IMG_2375

食後は電気を消してランプの明かりでまったりタイム。
我々のほかには二人組が二組で合計4名来てました。

まあ色々ありましたね?

IMG_2381

で、時間も時間なので就寝。

羽毛布団めちゃくちゃあったかかったです。
夜中に一度目が覚めたら顔が冷たい。
布団から出てるだけで顔面が冷え冷え。
布団かぶって寝なおしました。

翌朝!!!

IMG_2385

ガスってるぜ!!!

IMG_2382

外気温-10.5℃!!

今日はここから中山→中山峠→黒百合ヒュッテで昼飯→下山 の予定です!
が、山小屋の人の話によると中山方面はトレース(足跡)がないし頂上の方は吹き溜まりになってて雪が深いかもとの事。
まあ行くだけいってみましょう。
今日は昨日より厳しそうなので、アンダーウェア→シャツ→ダウン→フリース→ジャケットに変更。

IMG_2386

足跡がない。

IMG_2388

I島さん先頭で足跡を付けてもらいながら歩く。

IMG_2389

登りもどこに足つけば踏ん張れるのかよくわからんところを適当に踏み固めてそこを踏んで上がる。

IMG_2390

GARMIN fenixちゃんもちゃんと動いてますよ!
Routeを作っておくのもいいけど、Waypointを選びながら使うのもいい感じ。

I島さんが「先頭歩いてみる?」っていうので代わってもらってみました。

IMG_2391

足跡まったくなし。
木がなくて雪がなんとなくへこんでる所が道なのでそこを進みます。
あと木に目印のリボンがあったりしますね。

踏むと膝ぐらいまで埋まるので、結構大変。

右足を雪から抜いてももが直角になるくらいまで上げる(雪から足を出す)
右足を前に出して踏む
右腕のストックを雪から抜く
右前方にストックを刺す
左足を雪から抜く
左足を前に出して踏む
左腕のストックを雪から抜く
左前方にストックを刺す

という感じで前に進みます。
一歩一歩が太もも直角上げなのでめっちゃたいへん。
後ろを歩く分には既に踏まれてるのでもっと楽です。

IMG_2392

歩いた跡はこんな感じ。(雪が見やすいようにコントラスト強めで現像)
二つ並んで開いてる穴はアイゼンの前爪ですね。

しばらく頑張ったけど、また先頭を交替してもらいました。

さて疲れたので水でも飲むか…

IMG_2393

凍ってるやんけ!

凍ってない部分も少しあったのでちょっとは飲めました。
あと腹減ったのでエナジーバー的なものを食べましたがこれも凍っててめっちゃ硬い。
気合いで咀嚼しました。

で、もう少しで中山山頂だ!というところで急に木がなくなって開けたところに出ました。

IMG_2395

I島さんが埋まってますが。
もうとにかく、どっち行ったらいいのか分からん。

fenixちゃんのコンパスによれば左前方なんだけど…。

この場所、開けてるかと思いきや、実は木の上に雪が積もってるみたいなんですね。
なので雪がやわらかい所を踏み抜くと下に木が生えてる。
あっちにいってみよう!→ズボー
やばい戻ろう!→ズボー
といった有様でまともに進めない。
しかも周りに木がないので風がモロに当たって冷たいというか痛い。
顔面を保護する装備を持ってこなかったのが悔やまれる。
ていうか手袋してるけど手もだんだん痛くなってきたし、もうこれはたまらんということで森の中に引き返して作戦会議。

で、この時点で高見石小屋から直線距離で1.39Km、中山山頂まで110m、黒百合ヒュッテまで直線距離で550mの所まで来ていて、進むべき方角もGPSとコンパスで分かる状態だったのですが、進むのは危険ということで引き返す事にしました。
あの落とし穴だらけで道がどこだかも分からんようなのは進めないと思うので、まあ仕方ないですね…。

がんばって踏み固めてきた道を逆戻りします。
基本下り基調で、しかも踏んだ跡があるので余裕。

来るのには3時間10分掛かったようですが、帰りは1時間半でした。

高見石小屋に再度お邪魔して昼ご飯です。

IMG_2398

ラーメンウマイ!!!!!!

厨房では今夜のクリスマスパーティに備えてケーキをめっちゃ作ってました。
ホールで5個くらいあったような…。

ごはんたべてまったりしてたら下から登って来た人が続々ご来店してきた。
そういえば今日のパーティーには60人集まるんでしたっけか。
顔合わせないだろうと思ってたけど合わせることになってしまいましたね!

装備整えて再出発。

賽の河原へ着くまでにものすごい数の人たちとすれ違いました…。
この人たち全部あのケーキ食うのか…。

IMG_2401

賽の河原再び。

で、来るときは気づかなかったけど、風向きが下から上へ向かってなんですね。
要するになにが言いたいって、帰りは風が顔面に直撃。むっちゃいたい。

がんばって降りました。

I島さんが途中雪を踏み抜いて鮮やかにコケてましたがそのまま鮮やかに立て直して先に進んでた。

あとはふつうに帰りました!(手抜き)
I島さん今回も色々ありがとうございました。

歩行ログ:

むっちゃ寒かったし死にそうだったのでしばらくは遠慮したい…。しばらくは。
あとちなみにザックに入れてた水も凍ってたんですが、自宅についてもまだ氷が少し残ってました…。
このblogについて
このblogは、私のホームページ内の日記コンテンツ…でしたが、もう何年もこっちがメインです。
ホームページはこちら。
http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/
2ちゃん系掲示板に書き込むときのトリップは ◆GBrDo4K0i. を使用しています。
GoogleAds
最新コメント
livedoor プロフィール
ついったー
リンク
すなけ日記
なんて言ったらいいかよく分からないお友達、すなけさんのblog(ぉ
自転車メンテとかマニアドリンクとかトラベラーズノートとか。
hazimelog
湘南のガチムチおにぎり、はじめちゃんのblog。SCOTT FOIL Team Issueとか買っちゃってとどまる事を知らない。
不器用工房
自転車で通勤しているアニメ大好きなギタリスト、S木さんのHP。
ニコ動
オンライン
Steam

XBOX gamers card


PlayStation Network

Get your Portable ID!
  • ライブドアブログ