d8ad40c1.png
いろいろとがんばってます。
 
接続されているAIR-EDGE端末に色々とATコマンドを投げまくって、その結果をインターネット経由で私のサーバに送信するプログラムができてきました。
ついでにat-commands.iniの自動更新機能もつけちゃったりして。
 
CInternetSession とかを使って HTTP POST を実行する方法が分かったので、これはMFC俺的メモに載せたい感じ。
とりあえずクライアントは一通り完成しました。
サーバも一応クライアントからのPOSTを受け取ってSQL Serverに行を挿入するところまではできてるので情報提供はいつでも受けられますねっ。
 
地味にめんどくさかったのが電話番号マスク機能。
取得した情報をそのまんま送ると端末の電話番号とか近所の基地局のCSIDとかが送信されてしまうのでマズイと思ったですよ。
なのでその辺を置換する機能です。
VC++(ver6)では正規表現が標準機能として使えないので地味に文字を検索して置き換えまくるしかないです…。
結果、以下のような感じに。
 
AT@K
[CSID(12 heximals)],56
[CSID(12 heximals)],42
[CSID(12 heximals)],41
OK
AT@Z
[Telephone Number]
OK