登場した時から「これは」と思ってたんですが、昨年末に秋月に行ったら在庫が復活していたので速攻で購入。

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-03143/

LCDオシロスコープキットです!

なんというか以前からオシロ欲しかったんですが、5000円ちょいで性能がウンコとはいえオシロスコープが手に入るのは魅力的。
smdを自分で付けるキットなら5000円を切ります。
表面実装部品を取り付けるには専用の工具が必要です!とか書かれてた記憶もありますが、初心者向けの脅しだと思います(ぉ

とりあえず開封!

P1010439

smdが入ってないじゃん…と思ったら、マニュアルかと思っていた紙にテープではっつけてありました。
確かにこのほうがわかりやすい。
CPU(ATMEGA64)は既に基板に実装済み。あと、なぜか水晶発振子と22pFのセラコンも実装済み。CPUがちゃんと実装できたかの動作確認にでも使うからかな。

smd IC から付けるのがいいよ!ってマニュアルに書いてあったので付け始めます。
と思ったらU2(TL084)が…

P1010441

1番ピンのマーキングがないw
まさかSTMicroのロゴがマーキング?
まあ、一般的にいってこの方向に置いたときの左下が1番ピンでしょ。ってことで半田付け。

続いてCやらRやらを半田付けしていきますが…
これが超めんどくさい。
台紙からsmdをはがしちゃうと分からなくなるので(特にCは容量が部品に書いてないので致命的)、1種類剥がして、取り付け場所を確認して、全部取り付けて次の部品を剥がす、という順番で行いました。
あと部品の付かないpadが残りますが、これは何も付けないようにします。(英文マニュアルに書いてますが)

…ていうか電源LED付けないんだったらR15も不要のはずなのに、付けることになってますが…。
まあ、もう付けちゃったからいいよ(ぉ

というわけで、表面実装部品の半田付け完了。

P1010444

付属のマニュアルに従って、裏面の部品を引き続き取り付けていきます。
といっても電解コンデンサとコイルとダイオードとコネクタ類くらいですが。
電解コンデンサのうち1個だけ、padの形と極性が一致しないものがあったんですが(C14)、This is because of a design error だそうで安心しました。
あとはD2, D3, D4, D5ですが、秋月HPにも表記があるように1本しか付いてません…。
回路図と使用するACアダプタの極性を見て適切に取り付ける必要があります。(ダイオード1本とジャンパ1本付ける事になります…ジャンパ2本でもいいけど)
三端子レギュレータには秋月HPの写真と同じようにヒートシンク付けちゃいましたが、説明書をよく見たら、電源に使うのが9Vのアダプタだったらいらないようです。
まあ保険ってことで。

裏面の部品を一通り取り付けたら、電源を入れて電源部の電圧を測る事になってます…。
JP1が電源部からメイン回路への電源供給になってて、これをつなぐ前に電圧測っとくってことですね。
安全のためには良い措置だなあ。と思います。

ではACアダプタをつないで…
…と思ったら適切な電圧のACアダプタがなかったので9V電池を使う事にしました…。今度買ってこよう…。

P1010445

5.1V。なんかビミョーに高いけどまあいいでしょう。
この後JP1をつないで電源入れて再度電源電圧を測ります。
変わらず5.1VだったのでOK。

あとは表面の残りの部品を取り付け…

で、液晶モジュールを取り付けようとしたらJ4の裏側が当たって浮いちゃう。
秋月HPにある日本語の方の組み立て説明書を見たら、足を短く切ってから半田付けせよとの指示が。
いや、短くっていってもw
仕方ないんでニッパでハンダごと切断して、コテでチョイチョイとあっためときました。
つーかこのJ4ってAVRにプログラム書き込む時しか使わないから、ぶっちゃけ付けなくても…。

液晶モジュールの取り付けに使うピンヘッダがこれまたなんというかハンダで暖めるとプラスチックが溶けてきちゃうのでうまくやらないといけません。

まあなんとか取り付け終了。

P1010446

裏面。

P1010447

表面。

とりあえずこの段階で電源を入れて動作確認しておきます。

P1010448

動いた。っていうか何この中華臭満点のオープニング画面w
ぽちぽち操作してみたところ、動いているっぽい。

あとは前面と背面に化粧板を取り付けて完成です。

P1010449

でけたー!
約4時間半で完成いたしました。長かった…。

あとは付属のRCAプラグとかワニ口を半田付けして簡易プローブを作成します。
…。
なんか付属のワニ口クリップがひどいので、これはちゃんとした部品買ってきて作り直した方が良いかもしれません…。

で、ぷちぷちといじってみる…。

P1010450

なんつーか、なんともいえない残念感が…(ぉ
液晶なので表示が遅くて結構アレです。そして解像度もこんななので、多分NTSCビデオ信号を1画面に映しても何がなんだかわけわからんと思います。
秋月HPには書いてなかったような気もしますが周波数カウンタ機能もありますよ。
あと操作がボタンなので何とも…。アナログオシロはなんというかボリューム回すとそのままアナログ的にニュッと画面がついてくる感じなんですが、なんかこれはボタンをカチカチ押して合わせるみたいな感じでなんとも…。

まあ、ないよりマシ…。です。

説明書をざーっと見たところ外部トリガ入力ができるっぽいので、必要に迫られたら調べてみます。