TAMRON SP 70-300mm F/4-5.6 Di VC USD (Model A005) を最近買いましたけども。

2chみてると、 なんか露出不具合があって絞ると明るめに写っちゃう個体があるらしい。マジか。

一眼レフカメラがシャッター押したときにどういう順番で動くかよく知らないんですけども、

1.絞りが動く
2.ミラーが上がる
3.シャッターが動く(前幕・後幕)
4.ミラーが降りる
5.絞りが戻る

ですよね多分。
絞りは平常時は開放状態で、なんというか信号を送ると絞った状態になるというイメージ。
なので、レンズ側の絞りの反応が悪いと、絞りが絞りきられる前にシャッターが動いちゃって露出オーバー気味になるのでは?
なんて思ったりした。

とりあえず撮影して実験しましょう。
被写体はミクさんで。
絞り優先モード(評価測光)で絞りを1段ずつ絞りながら撮影します。

IMG_7901
300mm, f/5.6(開放), 1/13s, ISO100
これはまあ普通。

IMG_7902
300mm, f/8, 1/6s, ISO100
シャッタースピードも正しく1段分だけ遅くなっていますが、先ほどより若干明るく写っています。

IMG_7903
300mm, f/11, 1/3s, ISO100
今度もシャッター速度は正常ですが、明るめ。でもF8のときと同じくらいに見える。背景のボケ具合が違うので絞れてることは分かる。

うーん。実際私のA005でも起きちゃってるっぽいです…。
ちなみにF16まで絞ったのも撮りましたが、明るさはF11と同じに見えました。

最初の「シャッター速度速すぎると絞りが追いつかない」の理論で行くとシャッター速度が速いほどこの現象が顕著に出るはずなので、照明を近づけてISO1600にして同様に試してみた。

IMG_7908
300mm, f/5.6(開放), 1/500s, ISO1600
適正露出かは知らんけどこんな感じ。個人的にはもうちょい明るいほうが…

IMG_7909
300mm, f/8, 1/250s, ISO1600
1段絞ってシャッター速度も倍なので正常。しかし明るい。

IMG_7910

300mm, f/11, 1/125s, ISO1600
ISO100のときと同様、F8と明るさ同じくらい。うーむ。

以上、テスト完了。
開放は適正露出で、F8, F11, F16 のときに同じくらい明るめに写るっぽいですね。
となると絞りの調整がよろしくないのかな…。

なんか自転車のRDの調整を思い出してしまうんだけども。ローアジャストボルトを適正露出になるように締めて、ワイヤーの張りを調整しなかったみたいな。
1速にはビタっと変速するけど2,3速はズレてきますよねー。 

運用でカバーできそうだけど修理に出すべきか…うーむ。