超元祖ヨシヲ公式ブログ改β 〜マラビンタの夜明け〜

TESTACH のシクロフレームで組んだロードバイクに乗ってます。メンテナンスとかサイクリング日記とか。
PICマイコンを使った電子工作ネタ、電動ラジコンヘリ、Windowsアプリケーション開発とか気が向いたら何でも乗せる見境なしblog。旧ブログタイトルは ヨシヲたんの日記 。

デジタル機器とか

陣馬山 & GARMIN fenix

またI島さんから山のお誘いです!

今回は高尾山の向こう側、小仏峠〜陣馬山です!

とりあえず事前に頂いた情報をもとにiPhoneアプリのFieldAccessに位置情報を入力…。

IMG_2607

こんな感じです!
で、今回新しく装備が追加になっておりまして…

IMG_1572

GARMIN fenix です!

これはなにかっつーと気圧計、高度計、コンパス(3軸)、GPS付きの時計です…。
(Altimeter + Barometer + Compass で ABC watch とか言うらしい…)
というか10月22日に届いてそれからいろいろ使ってみてるんですが、これ多機能すぎてヤバイですよ。
自転車のサイクルコンピュータの代わりにこれでもいいんじゃないかっていうレベル。

ANT+に対応してて、心拍計、自転車ケイデンス&速度計とも接続できます。
ほかには外部温度計(内蔵温度計もあります)、フットポッド(歩幅?や歩数を計測)も接続可!

試しに自転車で使ってみましたが、普通に移動ログも高度ログもケイデンスの記録も取れてGARMIN Connectとの連携も可能です。(記録データ形式をTRKじゃなくてFITに設定必要)

さらにOpen Street Mapをゴニョゴニョしてやると地図まで入れられます。
この辺の手順は長くなるけどいずれ記事にしたいような気も。
本体の容量が少ないので、とりあえず現時点では東京+神奈川の地図だけを入れてます。

表示画面はEDGEシリーズと同様、ページごとに表示項目を好きなように組み合わせられます。

欠点は…
・バックライトつけっぱなし+GPS使用だと多分バッテリが1日もたない
・画面が小さくて解像度も高くないので細かい地図とかは無理がある
・ANT+に対応はしてるけど自転車用パワーメーターは接続できない
・本体の記録容量が少ないので全国地図とかはちょっとキツイ
くらいでしょうかね。
なんだかんだでEDGE510の出番がなくなるわけではないです。

というわけで!

fenixに歩く予定のルート情報を入れましょうかね!!

fenixに入れるデータは GARMIN BaseCamp というアプリで編集できるんですが、これがマトモな地図見ながらルートを引けない。
こりゃアカンというわけで、カシミール3Dを使ってルートデータを作成しました。

kashimir

こんな感じで。
ルートはGPXファイルとして保存して、BaseCampにインポートしてからちょいちょい加工してfenixへ転送。


というわけで出発です!
カメラは今回もEOS M!!


JR高尾駅からバスで小仏まで。
というか高尾駅もバスも激混み。なんかバスは2~3台くらい走らせてましたね?

IMG_1609

歩いていきます。
で、ここでfenixちゃんを見ると

IMG_1610

次の目的地はAB0007、あと94m。
AB0007ってなんですか?

kashimir

これかよ!
ルート引くときにクリックした場所が全部目的地になってるよ!

というわけで、次の目的地までの時間表示的なものは使い物にならなくなってしまいました…。
ルートデータの作り方を次回までに研究しておかなければ。

IMG_1611

ここから山道。

IMG_1612

fenixちゃんで地図を見てみますが、ゴチャゴチャしすぎててイミフ。
OpenStreetMapそのままじゃなくて、なんかこうスッキリした地図を別途用意できればしたほうがいいのかもしれないですねー…。
ていうかiPhoneのFieldAccessアプリが優秀なんで、そっちみればいいやって気がしないでもないですが。

IMG_1613

歩け歩け。

IMG_1620

景信山に到着。いやー天気いいですね!

IMG_1621

休憩所も人多すぎ。

IMG_1624

相模湖の向こうに富士山が見えました。良く見える!

軽く休憩したら出発。歩け歩け。

IMG_1629

左折する分岐まであと148mです!
こんな感じの表示が常に出ていてほしかった!

明王峠で休憩&昼飯。したら出発。

IMG_1638

IMG_1639

IMG_1640

陣馬山 山頂に到着です!
謎の馬!!

IMG_1641

どなたか知りませんが、写真の主役っぽい場所に配置させて頂きました。

IMG_1643

甘酒のんで休憩です。
ここがauの電波がバリバリ入るもんで会社のメールが届いちゃったりして…。

私は基本的に就業時間以外は見ませんからね会社のメール!

IMG_1644

秋ですね〜

帰りのバスの時間に合わせて出発。

IMG_1646

葉っぱに日が当たって光ったようになったのを横から撮りたいですね!

IMG_1652

暗くなってきたところを激坂下り。
太ももがパンパンだぜ!

IMG_1653

一般道にでました〜
おつかれさま〜

あとはバス停まで歩いてバスのって高尾駅まで。

IMG_2615

GPS止めたところで電池の残りは27%でした。
丸1日歩いたらギリギリ持つかどうかですねー…。
泊りがけのときは夜に充電しないとダメだな。

あ、ちなみにGPSをオンにしなければ1日で1%減るか減らないかです。

IMG_2616

高尾駅でカレーとか食っちゃったりしながらも帰宅。
おつかれさまでしたありがとうございました。

歩行ログ:



I島さんまたよろしくお願いします!!!

EDGE510で地図表示!?

EDGE510には地図表示機能はありません。

という事になってますが、なんか調べてたらたまたま表示させる方法が見つかったのでご紹介。

元ネタ: https://forums.garmin.com/showthread.php?35191-Custom-Maps/

GARMINの公式見解としてカスタムマップ表示機能があることになってるらしいです。
とはいってもマップデータがどこにもないので作らないといけないし、データ形式も分からなければツールもない…。

と思いきや、すでにあるツールで作れるッスよというのが上記スレッドですね。
作り方のpostだけ翻訳して乗っけときます。

画像ベースのカスタムマップをGarmin Edge 510で使う方法:

注意点として、この方法はベクターベースのマップに比べ理想的ではありません。画像ベースのマップは遅く、より多くの記憶容量を必要とします。
以下の手順を試す前にすべてのデータをバックアップしてください!

Mobile Atlas Creator (MOBAC)が必要になります: http://mobac.sourceforge.net/
(このツールは日本語にも対応しています。)

MOBACの起動時に、地図形式として Garmin Custom Map (KMZ) を選択してください。
地図データの取得元: OpenStreetMap MapQuest (既定で選択されています)
「設定」をクリックし、「マップサイズ」内のマップの最大サイズを1024に変更します。
ズームレベル: 14 (好きなように選んで構いませんが14をお勧めします。ズームレベルを大きくするとより詳細なマップを作成できますが、ロード時間も同様に増加します)。
警告:もし大きすぎるズームレベル(18とか)を選択した場合、タイルが大きくなりすぎてメモリに入らなくなり、Garminユニットが警告なしにファクトリーリセットされすべてのデータ(ルート、ウェイポイント…)が削除されます。

「タイルのサイズ変更とファイル形式変換」にチェックを入れます。

右側のマップで、マップとして使う範囲を選択します。
「地図(アトラス)」内で、名前を付けて「選択範囲を地図に追加」をクリックします。

「地図(アトラス)の構築処理の実行」をクリックします。

WinRARや7-zip等で .kmz ファイルを開き、doc.kml ファイルを展開します。
doc.kml を編集し、すべての <drawOrder>0</drawOrder> を検索して <drawOrder>51</drawOrder> に置換してください。
doc.kml ファイルを保存し、 .kmz 圧縮ファイル内に書き戻します。
修正を加えた .kmz ファイルを、GarminデバイスのCustomMapsディレクトリにコピーします。
Garminデバイスでマップが見られるようになるはずです。(マップが画面にロードされるにはしばらくかかります)

とのこと。

ずいぶん簡単だけどマジかー?

というわけでやってみましたが

147

表示されたよオイ!!

でもなんか道が細くて見にくいなーというわけでマップを OpenStreetMap MapQuest から OpenStreetMap Mapnik に変えてみたところ

308 この時間にここ走ってたら確実に遅刻ですね

かなりマシです!
でも実機で見ると色が薄すぎて…。もっとコントラストバキバキでもいいと思うの。

調子にのって地図をスクロールさせまくったところ、操作が効かなくなって数分後に電源落ちたりもしました。
やっぱあんまり安定してないんですかね。

ちなみに、画像ベースの地図なのでEDGE510さんは道を道として認識してませんから、もちろんナビとかはできません。というかもともとナビ機能ないし。
単に地図が重なって表示されるだけの機能です。

というわけでご紹介でした。
GARMIN forum のLARSHOVE1さんに感謝感謝。


…GoogleMapsの道をなぞったらベクター地図データが作れるソフトとかないのかなーw

Surface RT (クソ)

iPadは結局第4世代のRetinaモデル以外全部買っている私ですが。
MicrosoftのSurface RTが何やらヤケクソになってきた。

2013年6月: 定価を1万円値下げ
2013年7月: 1万円下げた値段を新定価に
2013年8月: iPad持ってる人がSurfaceRT買ったら最大1万円キャッシュバック

で、このキャッシュバックキャンペーンのページ見ましたか?
ちょっと見てみて?w
http://www.microsoft.com/ja-jp/atlife/campaign/1306/surface/
(2013年8月現在つながりますが、いつまであるか((;゚Д゚)オレシラナイ)

内容としては、

iPadクソ!SurfaceRTバンザイ!しかも今なら乗り換えたらキャッシュバック!!!

みたいな内容です。
正直、ここまでiPadを糞味噌に言うのを見てると必死すぎてかわいそうになるレベル。

でもまあ、仕事でもプライベートでも割とMicrosoft製品は触っているので、ここまで必死になってたらちょっと買って試してみるくらいはいいかな…と。いうわけで。
キャンペーン開始初日の8月9日の帰り、会社帰りに自転車でセンター南のエディオン行って買ってきましたよ。

IMG_1117

Surface RT 32GB + Touch Cover !!!

いやこれがですね。箱がすげー縦長で…。
iPadと同じくらいのを想像してたんだけど、予想以上にでかい。
リュックに入らなかったので箱の頭がはみ出てる状態で自転車こいで帰ってきた。

というわけで開封!!!

IMG_1120

いやー。うん。へぇ。

本体の質感はマグネシウム合金だかなんだかで、しっかりしてる印象。
手にもって使ってると地味にでかくて重い。
iPad2と並べると厚みがすごくて悲しくなるレベル。

キーボード端子と充電端子が同じかと思ったらピン数が違うので完全に別の端子ですねこれ。

充電には専用ACアダプタを使用。これがACアダプタ本体から線が直接出てて、Surface側は専用端子なので、完全に専用品。iPadのようにUSB出力端子付きのモバイルバッテリーで充電するとかが出来ません。その辺に転がってるUSBアダプターで充電することもできません。これはちょっとマイナスですね。
専用アダプタの出力は12V2Aと書いてあるので変換コネクタでどうにかなるもんでもなし。

IMG_1119

Touch Cover。キーボードにもなるよ。
ペナペナでクソかと思いきや、タイプしてみると意外といける。
しかしファンクションキーがないので、PC感覚でタイプしてるとカナ変換とかの時に指が止まる。
ついでにスペースキー手前部分はノートPCのスライドパッドと同じような使い方ができるので、キーボード付けて机に置くとほとんどノートPCと同じ感覚になりますよ。
それでもやっぱり、キーとキーの間が平らなのと、キー押してる感がないので、やっぱり、微妙。
ないよりはあったほうがいいけど、これで1万円弱ってのも…。まあそれ相応のテクノロジーは詰まってるんだろうけど、…えー?という感じ。

あえてクソっぽいTouch Coverのほうを買ってみたけど、Type Coverならもっとマシで値段差は数千円。やっぱTypeの方がいいかもしれないですね。使ったことないから知らないですけどね!

あとは、実際持ってみて分かった欠点なんですけど。
Touch Coverのキーボードを膝の上に載せて使うのは無理。
ノートPCだったら電車の座席に座ってガパッと開いて膝にのせて使うということが出来ますが、
Touch Coverはヒンジ部分もちょっと頑丈なフェルトくらいなもんなので、キックスタンドを出してもメコメコと左右にアレしちゃって安定いたしません。
なので、これが使えるのは机の上だけと思った方がいいです…。

本体の容量32GBのを買いましたが、これがiPadとかと違って、PCのCドライブが32GBという状態。
なので、最初から、OSで結構使われちゃってるんですねー。

#2013/08/31 訂正
Cドライブが32GBではなくて、ドライブの容量が32GB。さらにパーティションが切られているので…お察しください。
スクリーンショット (7)

でもmicroSDスロットがあるから、3,000円くらいで32GBのmicroSD買ってきて動画ぶちこんで再生とかできるから、まあいいんじゃないですかね。
microSDスロットは言われないと分からないような場所にあるので、店頭で見かけた方は探してみてくださいw
(Surface Proは分かりやすい位置にあるみたいです)

IMG_1121

Flashが動くので艦これもできるよ!!!!!
と思いましたが、CPU性能のせいなのか、FlashのARM版がクソなのか、動作は死ぬほどもっさり。
正直アカンです。

Flashが動くよ!とウリにしてますが、一応動くレベルなのであまり期待しないほうが。
あと、Javaは動きませんのでMinecraftとかできませんし、Javaアプレット使ってるHPもみれませんね。はい。


で、タブレットなんだから使えるアプリをバンバンインストールしたい。
のだけども、Windowsストアの品ぞろえが泣けるほどクソ。
ゲームとかは結構、ここまでの動きできる性能あるんだーと思うのもあったりしましたが、他はおおむねクソ。
特にTwitterクライアントがぱっと見た感じTwitter公式しかなくて、しかもこの公式クライアントが目も当てられないクソ具合。
これはもう自分でTwitterクライアント作るか!!!!

そうだ。同じWindowsなんだから、VisualStudioで適当にアプリ作れば動くんでしょ!!
と思って、Windows Presentation Foundation プロジェクトを作って対象CPUをAnyにしてビルド。
対象CPUでARMが選べるってことはあれだろ!動くだろ!!

スクリーンショット (4)

うごかねえええええじゃねえかあああああああああああああああ(バンバン

SurfaceRTで動くアプリは、Windowsストアアプリに限定されてるそうです。まじで?
じゃあSurfaceRTのデスクトップって何の意味が?Office専用?まあほかにもコマンドプロンプトとかイベントビューアとかタスクマネージャとかはデスクトップにしか無いから、それは使うけど…。

なんかなあ。

じゃあWindowsストアアプリ作ればいいのね?
Windowsストアアプリ作るにはどうしたらいいの?
えっ! Visual Studio Express for Windows Desktop じゃダメで、 for Windows8 じゃないとダメなの?
for Windows8 をインストールするには、Windows7ではダメ…。

つーことは、要するに、開発環境もWindows8にしないとダメなんですね?

分かったよクソが!!

IMG_1123

Windows8 Pro 64bit DSP版を買ってきました!
しこしこインストールして。

IMG_1125

はいインストールしたよ!

というわけで開発環境を作ってしまったので、少しずつお勉強いたします。


・・・・。


散々クソといった上にタイトルにまで(クソ)をつけてしまいましたが。

そういえば何年だか前に、WindowsのARM版が出る!みたいな噂が出たことがありましたね。
OSだけARM版になっても過去のx86アプリは動かないだろうがwww
とか思ってましたが、.NET Frameworkで既にその辺は抽象化されてて、.NET Framework がx86以外のCPUにも対応すれば、その上で動くCLRアプリケーションは全部動くわけで。
将来的にアプリが全部 .NET Framework 上で動くように作られれば、x86にこだわる必要もなくなる。

そこに最近のタブレットの流行が来た。
ライトユーザーはPCじゃなくてタブレットでよくね?って感じになってくる。
そうなるとMSとしてはOSが売れなくなって死にますから、Windowsをタブレットっぽくしましょう!という事になる。
そうやって生まれたのがWindows8で、そのARM版が乗っているのがSurface RTなわけね。

SurfaceRTのデスクトップ触ってると、本当にWindows8と何も変わらなくて、よくここまで移植っていうか共通化ができたなーと感心するわけですよ。
初期のAndroidで言われてたようなスクロール操作のモッサリとかもないですし。
積み上げてきたテクノロジーというか考え方みたいなものは、本当によく考えられていて、Microsoftよく頑張った。えらい。と思うのです。

が。

iPadと比べると、やっぱりクソなんだよな…。
どうしてこうなった。

2013/11/24 追記
ヤフオクで売却しました。バイバイ…SurfaceRT…

GARMIN EDGE 510

2011年2月にEDGE500を買って使ってましたが…。
後継機種のEDGE510が出たんですよねー…。

GARMIN Connect Mobile を利用したLive Trackingができるとか。
これはBluetoothでスマホと連携して現在位置のリアルタイム実況ができる機能らしく。
あとは画面がタッチパネルになったとか?

なんか、べつに、無くてもよくね?
EDGE500で別に不自由してないし…。

というわけで、あんまし買う気なし…。

……。続きを読む

自転車にGoPro乗っけて動画を撮ろう2

マウントに使うアームはできるだけ剛性を高く、短くしないと揺れが悪化する。
というのはこの前書きましたけど。
サイクルベースあさひを見てたらミノウラからカメラマウントが出てるんですね。


ワンタッチで付け外しができるし、金属製で剛性も高そう。
普通のカメラ用の雲台なので締め方によっては横方向にカメラを回転させることも可能そう。
というわけで、純正ハンドルバーマウントよりも剛性アップした上にカメラはどの方向にも向けられそうってことで買ってみました。

でさっそくテスト撮影。



以前よりだいぶマシになった気がします!
今後自転車で出かけるときはこれで行きます!!

ちなみにこれとは別にVented Helmet Mountも買ってるんでメットにも付けられるんですよね…。
これはまた別の機会に試します。

2013/03/30 追記
ロックナットを緩めずにカメラを回すとネジ自体が本体から緩んでしまうことがあるようです!
走行中にカメラを持ってグリグリ回すのは面白いけどやめましょうw
緩んじゃったらネジ自体をマイナスドライバーでねじ込んで、横から刺さっている抜け防止のイモネジを増し締めすればとりあえずOK。
このblogについて
このblogは、私のホームページ内の日記コンテンツ…でしたが、もう何年もこっちがメインです。
ホームページはこちら。
http://www31.ocn.ne.jp/~yoshio2/
2ちゃん系掲示板に書き込むときのトリップは ◆GBrDo4K0i. を使用しています。
GoogleAds
最新コメント
ついったー
リンク
すなけ日記
なんて言ったらいいかよく分からないお友達、すなけさんのblog(ぉ
自転車メンテとかマニアドリンクとかトラベラーズノートとか。
hazimelog
湘南のガチムチおにぎり、はじめちゃんのblog。SCOTT FOIL Team Issueとか買っちゃってとどまる事を知らない。
不器用工房
自転車で通勤しているアニメ大好きなギタリスト、S木さんのHP。
月別アーカイブ
livedoor プロフィール

ヨシヲ

  • ライブドアブログ